王女の男 あらすじ 第16話 即位の日

ついに王として即位することになったスヤン(首陽)大君に激怒したセリョンは絶対宮殿に入らないと父に逆らいます。

一方スヤン(首陽)大君の即位を知ったスンユは、怒りに駆られ、今にでも復讐を果たそうとするのでした。

引用:「スンユはオンニョン君を討ち、血で「大虎」と書き残した。「大虎」はスンユの父キム・ジョンソの異名。人々はキム・ジョンソの怨霊が恨みを晴らしにきたと噂し始める」-王女の男 | 韓国ドラマ KBS On Demand

復讐のために裏切り者シン・スクチュ(申叔舟)を襲撃するスンユは、おりしもそこに現れたシン・ミョンによって傷だけを負わせたまま退くことになります。

スンユはチョン・ジョンの元を訪ね、スンユの師匠であるイ・ゲと再会するのでした。

久々に弟子と再会し、喜ぶイ・ゲは、復讐に狂って殺しにまで手を染めてしまったスンユを見て心が張り裂ける思いでいました。

「命を無駄にするな」という親友と師匠の警告はスンユの耳には届きません。

一方、拉致犯と暗殺者の正体を疑問に思ったシン・ミョンは、江華へ行った船で生存者がいるというコン・チルグの話を聞くことになったのでした。

第16話の感想

次第にスンユとスヤン(首陽)大君の、対立する議論が見えてきました。

スヤン(首陽)大君が即位した事によって、明確にさせる事ができたと思います。

その二人の間にいるセリョンが、スンユを救ったことが大きな意味となりました。

不安定な恋心に、自分の父親が恐ろしく感じるセリョンは、血に染まった王座に対し絶対に認めませんでした。

こんな中正を信じる気持ちが、今のセリョンを支えているのだと思いました。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

王女の男 あらすじ 第08話 悲劇の始まり
王女の男 あらすじ 第07話 友情の亀裂
王女の男 あらすじ 第14話 衝撃の再会
王女の男 あらすじ 第06話 募る思い
王女の男 あらすじ 第05話 婚礼の陰で…

Menu

HOME

TOP