王女の男 あらすじ 第17話 苦悩する新王女

非業の死を遂げたスンユの兄、キム・スンギュの妻、柳氏夫人とその娘・アガンをスンユと再会させたセリョンは宮殿に入って公主(王女)としての冊封を受けます。

引用:「セリョンは、スンユをリュ氏とアガンの所へ連れて行く。死んだと思っていた家族との再会を喜び合い、引き合わせてくれたセリョンに感謝しつつも、会うことはこれきりにしようと告げる」-王女の男 | 韓国ドラマ KBS On Demand

一方、イゲとチョン・ジョンは集賢殿(チピョンジョン)の学者らと協力してスヤン(首陽)大君をもう一度暗殺する計画を立てますが、奇妙な感じを受けたスンユはキョンヘ王女の私邸へ向かい、密議を重ねて使節団を歓迎する宴でスヤン(首陽)大君を討つ計画を立てるのでした。

スンユがイ・ゲに「復讐のためなら命を投げ出す覚悟がある」と強い意志を語った時、人の気配がしました。

振り返るとそこにはセリョンが青白い顔をして立ち尽くしていたのでした。

第17話の感想

宮殿に入る日に、セリョンがスンユに会いに行ったのは、王女となったら自由に表へ出て行けないからだと思いました。

スンユの家族に、会わせたいと願ってのことだと思います。そして二度と会わないと断言されても、黙って引き下がるセリョン。

仕方がないのは分りますが、なんだか可哀相でした。

そしてセリョンは行く宛もなく、王女の元に向かったのは、絶対に会ってから謝罪したいと思ってのことでしょう。

自分の父親が、皆を苦しめているのですから。セリョンが一番まともな人間に見えました。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

王女の男 あらすじ 第12話 断ち切れぬ思い
王女の男 あらすじ 第10話 命を賭けた恋
王女の男 あらすじ 第05話 婚礼の陰で…
王女の男 あらすじ 第07話 友情の亀裂
王女の男 あらすじ 第20話 絶縁の果てに…

Menu

HOME

TOP