イニョン王妃の男 第7話

第7話のあらすじ

第07話arrow_pinkブンドは過去へ戻り、行動を開始します。

まず、ミン・アムの側近を装って王への上奏文を書き、ミン・アムが王妃殺害をたくらんでいると告発します。

スポンサーリンク

 

引用:「朝鮮時代に戻ったブンドは、ミン・アムを脅し、ある計画を実行させる。・・・王妃の命を狙ったミン・アムを逮捕に追い込む作戦だった。・・・一方、スキャンダルの収拾とイメージ挽回のため、ドンミンはブンドに直接会いたいと言い出すが…。」-via イニョン王妃の男

イニョン王妃の男 第7話 あらすじの続き

ブンドの身分回復

arrow_pinkあらすじ(続き)・・・次に、ミン・アムを脅し、王妃殺害を指示する手紙を書かせて動かぬ証拠をつくります。


photo by tvN

ミン・アムからの手紙を受け取ったチャスは王妃の家に行きますが、護衛軍に鎮圧されます。

ミン・アムは、謀反の罪で官位を剥奪され、チェジュ島送りに・・・。

イニョン王妃は無事宮殿に戻り、ブンドは官位を回復して、幽閉を解かれることになりました。

スキャンダル

一方、現代では、機内での出来事が新聞やネットに書かれ、大騒ぎに。

ヒジンは監督から、なんとかするようにと言われます。

マネージャーのスギョンは、ドンミンとブンドに握手をさせ、仲がいいことを印象づけようと考えます。

そして、タイミングよく電話をかけてきたブンドに、ヒジンの恋人としてふるまって欲しいと頼みます。

ブンドとの再会

待ち合わせのレストランで、ブンドとドンミンは握手します。

ブンドと連絡が取れず、来るはずがないと思っていたヒジンは、ブンドの姿を見て驚きます。

官位を回復できたのはヒジンのおかげだと感謝し、ブンドは恩返しのためにやって来たのでした。

イニョン王妃の男 第7話の感想、印象に残ったシーン

ヒジンの恋人宣言で、ブンドが警察に捕まらなかったの良かったんですが、今度はスキャンダルが気になります。

ドンミンも恥をかかされたのだから、黙っているとは思えないですね・・・。

しかし機内では、皆の視線を気にしながらも、ひそひそ話をする二人の顔が近すぎて、ドキドキしっぱなしです。

一方、ヒジンに会う事ができたブンドは、朝鮮王国に戻りミン・アムの陰謀を阻止する事に成功し、イニョン王妃も助ける事が出来て、スッキリしました。

今回の見どころは、ブンドの意外な二面性です。

朝鮮王朝で、ミン・アムと対立している時の大胆不敵な雄々しい感じと、現代でヒジンの前では、やり手な甘い感じのブンド。

どちらのブンドもかっこいいです。朝鮮王朝のブンドを、ヒジンが見れないのが残念でなりません。
ドンミンと三人で食事をすることになった時も、ブンドの言葉にドキドキしっぱなしのヒジンにキュンキュンしちゃいます。

ホントにヒジンの前でのブンドは、最高の男性ですね。


スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP