第20話

ジュウォンは、ついにすべての記憶を取り戻して母親のところへ行き、これからは息子としてではなくライムの男として生きると宣言します。

一方、ライムは自分の事をを常に見張るジュウォンの母親の秘書にコーヒーを渡すのでした。すると秘書は、ウォッチはしているが実はジュウォンとライムのことを応援しているのだと打ち明けます。

続きを読む