屋根部屋のプリンス、キャスト・登場人物の解説

屋根部屋のプリンス オリジナル・サウンドトラック

イ・ガク(パク・ユチョン)

【送料無料】JYJユチョン着用/ ラブドーナツネックレス【RCP】

価格:2,200円
(2014/11/11 08:35時点)

朝鮮時代の世子(セジャ・皇太子)。眉目秀麗、頭脳明晰。愛する妃を亡くし失意に打ちひしがれます。そして、その不可解な死の真相を追求するための調査中に、21世紀のソウルにタイム・スリップしてしまいます。
ぞんざいな態度で浮世離れしたイ・ガクですが、部屋において世話をしてくれるパク・ハとの暮らしに、少しずつなじんでいきます。そんな折、死んだ妃にそっくりな女性ホン・セナに出会い、さらに自分と同じ顔をしたヨン・テヨンの存在を知って、自分は妃の死の真相を知るために、時空を超えて現代にやってきたのだと気づきます。しかし、ようやく妃を見つけ出したのに、なぜかパク・ハのことが気になって仕方がありません。

ヨン・テヨン(パク・ユチョン・二役)

ホーム&ショッピングの後継者ですが、事業には関心がなく、ニューヨークで絵の勉強をしています。
ヨ会長の使いで、自分を迎えに来た従兄のテムとクルージングに行き、海に転落。そのまま行方不明になってしまいます。イ・ガクは、妃の死の真相を探るため、ヨン・テヨンに成りすまして、現代で暮らそうと決めます。

パク・ハ(ハン・ジミン)

パク・ユチョン(JYJ)、ハン・ジミン「屋根部屋の皇太子」OST CD

季節の食材を届ける仕事をしており、いつもトラックで走り回る働き者。口は悪くても、素直で心優しく、キュートな女性。4歳の時、父親が再婚して母と姉ができましたが、後に迷子になり、養子にしてくれた家族とともにアメリカに移住します。
父親が見つかったという知らせを受け、20年ぶりに帰国しますが、父親は死亡した直後。義母と義理の姉セナを家族のように思い、ソウルで暮らし始めます。
そんな彼女の前に突然、時代劇から抜け出てきたような王世子を名乗る男が出現。何も知らない迷惑でやっかいな居候ですが、なぜか気になり、やがてかけがえのない存在になって行きます。

ヨン・テム(イ・テソン)

テレビ通販のホーム&ショッピング社の本部長。スマートで紳士的なイケメンですが、いつも無表情。
庶子である父親のようにはなりたくないと、実力を磨いています。従兄のテヨンをライバル視し、テヨンが美術の勉強のためニューヨークに留学している間も、経営を学びます。しかし、テヨンは会長の直系の孫。そこには大きな壁があります。
ある日、ニューヨークで死んだはずのテヨン(実は、イ・ガク)が現れ、代わりに自分が手中にしかけていた座があやうくなります。そして、ライバルのテヨンと事あるごとに対立するうち、偽物ではないかと疑い始めます。

ホン・セナ(チョン・ユミ)

パク・ハの義理の姉。欲張りで意地悪な性格。こどもの頃、母の再婚が気に入らず。いらいらした気持ちから、妹になったパク・ハを、トラックの荷台に置き去りにして捨ててしまいます。
いまは、ホーム&ショッピング社のヨ会長の秘書。履歴や家族関係を偽ってテムと交際し、会長の後継者になるはずのテムを支えています。そんなところに、行方不明だったパク・ハが出現。しかも、同居する男が、なぜか自分にしつこく付きまとってくるのが、我慢できません。しかし、彼が行方不明になっていたテヨンだと聞くや、ヨ会長の後継者はテムではなくテヨンになると悟り、テムからテヨンに乗り換えます。

イ・ガクの臣下3人組

ソン・マンボ(イ・ミンホ)
ウ・ヨンスル(チョン・ソクウォン)
ト・チサン(チェ・ウシク)
世子妃の死因を調査中に、イ・ガクと一緒にタイム・スリップしてしまった3人組。現代でもイ・ガクに仕えながら、朝鮮に帰れる日を心待ちにしています。

ソン・マンボは、目に見える数字、文字、絵を一度見ただけで暗記してしまう天才的記憶力の持ち主。
イ・ガクの教育担当者として、正しい状況判断と博識さで、進むべき方向を示し、現代に来ても、常に朝鮮に帰還する方法を考えています。

そして、ウ・ヨンスルは、風よりも速い朝鮮一の拳法家。190cmを超える長身と均整のとれたしなやかな体をもち、言葉よりも先に体が動く義理堅い熱血漢です。

ト・チサンは、イ・ガクの一番近くで身の回りの世話を担当。小細工が得意で、女性の気持ちをよく知っていて、情報収集のためなら女装もしてしまいます。

キャストと登場人物達の隠れた見どころ

一人3役?パク・ユチョンの名演技。

「KNTV『屋根部屋の皇太子』スペシャルサイト!!!」

photo by: KNTV『屋根部屋の皇太子』スペシャルサイト!!!より

朝鮮からやって来た世子イ・ガク、シャイな青年テヨン、テヨンのふりをしているイ・ガク。これらの役をうまく演じ分けたパク・ユチョンの演技は絶賛されました。

現代のソウルで「我は皇太子であるぞ!」と叫んだり、
コンビニで「腹の足しになるものを用意せよ」と上から目線で言ってあきれられたり。

また、テヨンに成りすましている時なのに、古語口調だったり・・・

と、ちょっと天然な感じもうまく表現して、新しい魅力を発揮しています。

個性的な、イケメン臣下3人組

頭脳明晰で、天才的な記憶力を持つソン・マンボ。おとぼけキャラのチサン。義理堅い熱血漢で、無口で純情なウ・ヨンスル。

イ・ガクとともに、現代のソウルで生活する3人の臣下の個性豊かな魅力に注目!
演じるのは、MBC「太陽を抱く月」のイ・ミンホ、「根の深い木」のチェ・ウシク、「ドクター・チャンク」で、鍛えられた美しい肉体を披露したチョン・ソグォン。彼らの息の合ったコミカルな演技は、パク・ユチョンに劣らぬ大人気になりました。

勘違いぶりに、抱腹絶倒!

世界遺産・昌徳宮の前で「門を開けよ」と命じて無視され、こじ開けようとして警察に逮捕されたり、
テレビの時代劇の矢を射る場面に驚いてテレビを壊したり、あげくの果てには火事まで起こしてしまう・・・
見るものことごとくに驚き、次々とトラブルを起こすドタバタぶりは、見る人を飽きさせません。
さらには、一万元札の世宗大王を見て、その場で一斉にひれ伏すなど、朝鮮と現代のカルチャーギャップ、勘違いぶりが面白い!コミカルな演技で、抱腹絶倒!です。