「「赤と黒」のあらすじと感想、動画情報」最新記事

韓国ドラマ:赤と黒(Bad Guy)

赤と黒』は、2010年にSBSドラマスペシャルで放映された韓国の恋愛・サスペンスドラマです。
日本と韓国合作のドラマで最高視聴率15.1%(TNS Media Korea)を記録しました。
全17話構成で、韓国語のタイトルは「ナップン ナムジャ=悪い男」。
英文タイトルは「Bad Guy」...「Bad Boy」とも呼ばれています。

日本での放送:韓国ドラマ「赤と黒」は、2011年9月にNHK BSプレミアムで放送、2012年9月4日からNHK総合の毎週火曜日深夜「ミッドナイトチャンネル」にて再放送されています。

「赤と黒」のあらすじ:

幼い時に韓国巨大財閥ヘシングループの次男ホン・テソンとして富豪一家に引き取られながら偽者と分かると冷たく捨てられ、育ての親までも事故で失いみなしごとなった男(シム・ゴヌク=キム・ナムギル)の、富豪一家への復讐劇をテーマに描かれています。
復讐の企みを知らぬままゴヌクと関わり、彼を愛してしまう富豪一家の姉と妹の愛憎、彼に代わって息子テソンとして一家に引き取られたが、継母に憎まれて育った男(キム・ジェウク)や、大富豪の御曹司と思い込み近づいてきたアートコンサルタントの女(ムン・ジェイン=ハン・ガイン)、そして過去の女性転落死事件を追う刑事との複雑な人間模様が描かれたラブ・サスペンスドラマ。
そして、ドラマは予想もしない結末へと向かいます。

続きを読む

第17話

第17話 殺人教唆の動かぬ証拠を手したクァク班長は、すぐさまシン夫人の逮捕状を取ります。

そして公判の日、シン夫人は最後まで罪を認めず、すべてはワナだと主張するのでした。

公判後、シム・ゴヌク(キム・ナムギル)はシン夫人から衝撃の事実を聞かされます。
ゴヌクこそが本物の「ホン・テソン」であり、自分は本当の家族に復讐したという身の毛もよだつ真実だったのです。

そして、ゴヌクはホン会長を訪ね、会長の前で涙を流します。

続きを読む

第16話

第16話 シム・ゴヌク(キム・ナムギル)が、かつて家から追い出された養子であり、何者かに狙われた可能性があることを知ったムン・ジェイン(ハン・ガイン)は、ホン・テラ(オ・ヨンス)にゴヌクの行方を詰問します。

そんなテラとシン夫人のもとに、シン夫人がキム室長にゴヌクの殺害を命じる会話が録音されたICレコーダーが届くのでした。
ついにテラはシン夫人の関与を確信します。

また、ホン・テソン(キム・ジェウク)もジェインから、ゴヌクがもう1人の「ホン・テソン」だと聞かされひどく驚きます。

続きを読む

第15話

第15話 シム・ゴヌク(キム・ナムギル)を家に呼び出したホン会長は、ゴヌクに「テソン」と呼びかけます。

ヘシンやテラに手を出すなと懇願するホン会長は、ゴヌクの前で発作を起こし意識を失ってしまいます。


一方、シン夫人は、キム室長にゴヌクを交通事故に見せかけて殺害するよう命じ、事故に遭ったゴヌクは病院に運ばれることに。

事故直後、何も知らない東部警察署・クァク班長の携帯に一通のメールが届きます。

続きを読む

第14話

第14話 自分の正体に気付いた会長秘書・キム室長を呼び出したシム・ゴヌク(キム・ナムギル)は、彼から衝撃の真実を聞かされます。
その真実とは20年前の出来事はすべてシン夫人が仕組んだという衝撃の事実でした。


夫のホン会長が外で作った子供を受け入れられなかったシン夫人は、DNA鑑定を偽造してチェ・テソンという名の少年、いまのゴヌクを連れてきたのです。

しかし本物のテソンが見つかると、自らのウソが発覚しないように、ゴヌクの両親を交通事故に見せかけ殺害したというのです。

続きを読む

スポンサーリンク


おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget

スポンサーリンク


このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

注目ドラマ

six-flying-dragons
arrow020_08「六龍が飛ぶ」のあらすじ紹介

osusume-kandora
arrow020_08お薦めの韓国ドラマ(現代物)

王の顔
arrow020_08王の顔


arrow020_08ダウントンアビー

韓流スタープロフィール


arrow020_08韓流スタープロフィールとドラマ


『奇皇后』

News!

奇皇后


王の顔

チョン・ドジョン

スベクヒャン

九家の書

火の女神ジョンイ

チャン・オクチョン

Powered by Movable Type 5.2.10